4ウェイ5スピーカー全指向性
    フロアスタンディング型スピーカーシステム

    MODEL707は、独自のマルチウェイユニット配列とオムニ・リフレクション・ガイドの効果により、360°の音圧指向特性を実現し、これにより臨場感に満ちた音場空間を再現します。
    また高音域側のつなぎかたを変えることにより、より違った音場をお楽しみいただけます。

    According to the effect of original multi-way unit arrangement way, Omni-Directional Bass-Reflex and Closed type sounds can be chosen. MODEL 707 makes it possible a 360-degrees angle directional characteristics and reproduces the high-fidelity sound acoustic field space by this. Moreover, by changing the wiring to “cross connecting at terminal, you can enjoy more interested acoustic field.

    300mmハイブリッドパルプ・コーン・ウーハー

    300mm径パルプ・コーンウーハーのフレームには、非磁性体であるアルミ・ダイキャスト・フレームを採用し、磁気回路で生成されるパワーをロス無くコーン紙に伝えることで、優れたレスポンスを発揮します。
    また同じ形状のダンパーを互いに逆向きに配置する、プッシュプル・ダブル・ダンパー構造の採用により、高リニアリティ再生を可能とし、T形ポールピースとロング・ストローク・ボイスコイル方式の併用により、磁気ギャップ内の磁束分布を対象にすることで低歪を実現しています。
    エッジ材には耐久性に優れたニトリル・ブタジエン・ラバーを採用、ロール・エッジとの組み合わせで、最大入力でも安定した再生を実現します。
    エッジの回析/反射特性をスムーズにするカーブドライン形状のフロントガスケットを装備しています。

    300mm hybrid pulp cone woofer

    The aluminum die-casting frame which is a nonmagnetic material is adopted as the frame of 300mm hybrid pulped cone woofer and it reproduces the excellent response by conveying the power generated in a magnetic circuit to hybrid cone paper without any loss. According to the adoption of the dual spider structurewhich use same shape & size spider mutually arranged symmetrically called “Push-Pull style.
    High reality sound becomes possible and combined use of T-pole piece and a long stroke voice coil system has reproduced low distortion by allocating magnetic flux in a magnetic gap symmetrically.
    For edge material,Acrylonitrile Butadiene Rubber which is excellent in durability for the maximum input is adopted and reproduce stable sound in combination with rolled edge shape.
    Carved shape front gasket which makes it smooth for reflective characteristic, is equipped.

    50mmピュアチタン・コンプレッションミッドレンジドライバー

    中音域には0.03mm厚の50mm径チタン・ダイアフラムと強力リング形ネオジウム・マグネットを使用したコンプレッション・ドライバーを採用。
    純アルミ線を使用した超軽量ボイス・コイルとの組合せは、圧倒的な感度と音場を再現します。
    また高剛性のアルミ・ダイキャスト製バックキャビティにより低域共振をコントロールすることで、安定した低歪み特性を実現します。

    50mm Pure-Titanium compression driver

    For middle frequency range, we use 50mm*0.03mmpure-titanium diaphragm compression driver with strong ring shape neodymium magnet.
    The combination with the ultra-light voice coil which uses a pure aluminum wire reproduces overwhelming sensitivity and an overwhelming acoustic field.
    Stable low distortion characteristic is reproduced in controlling resonance frequency and “Q” by back cavity made from aluminum material of high rigidity.

    25mmピュアチタン・バランスド
    ドライブ・ツイータ

    高音域には25mm径バランス・ドライブ型のチタン・ダイアフラムを採用。断面形状を谷形にすることで放射面積を大きくし、且つボイス・コイル駆動点からの距離を短くできることから、高周波振動に対して振動モードを良好に保ちます。
    磁気回路には強力リング形ネオジウム・マグネットを採用。
    アルミ・ダイキャスト製アウターホーンと中央のアルミ・削出しオムニ・リフレクション・ガイドとで形成された音道からは、360°全方向に高いエネルギーを放射します。

    25mm Pure-Titanium balanced drive tweeter

    For high frequency range, 25mm balanced drive type tweeter with pure-titanium diaphragm is adopted.
    Radiation area of diaphragm is enlarged by making cross-sectional shape of diaphragm to “Valley shape” and also, distance from the driving point of voice coil can be shortened.
    This way, it can keep the mode of vibration in a good way against high frequency vibration. A powerful ring type neodymium magnet is adopted for magnetic circuit.
    From the aluminum die-casting outer horn and Omni reflection born in center radiates high energy throughout the 360-degree all direction.

    低音域用と中/高音域用に独立・分離させたセパレート型ネットワーク

    3基のウーハーは、低音域を受け持つ正面2基(280Hz -18dB/oct)と、中低音域を受け持つ本体上部1基(1.3kHz -12dB/oct)とでスタガーチューニングによる迫力の重低音を再現します。
    電力消費の大きい低音域用は、プリントサーキット基板を使わず部品同士を直接つなぐハードワイヤリングによって、音質劣化を防いでいます。
    ミッドレンジとツイータには5接点式レベルコントロールスイッチを搭載しています。
    スピーカーターミナルには、バイワイヤリング/パッシブ・バイアンプ・ワイヤリングにも対応する、真鍮削出しの大型金メッキターミナルを使用しています。

    The separate type Network, one for low frequency and the other for high & middle frequency.

    Three sets of woofer reproduce the powerful heavy low sound by stagger tuning in the two fronts(280Hz,- 18 dB/oct) of enclosure which take charge of a low-frequency sound and the one on the upper part of enclosure(1.3kHz,-12dB/oct) which takes charge of an low middle-frequency sound.
    For low-frequency which requires big electric power consumption, we use so called “hard wire connecting” and it prevents sound quality degradation by connecting parts directly without using the print circuit board. Five points type level control switch is equipped for the mid range and the tweeter.
    The large-sized gold plating brass terminals suitable for bi-wire, passive, bi-amp connecting is used for a speaker terminal.

    指向性をコントロールするラウンド型エンクロージャー

    キャビネット側面から背面にかけての指向性をコントロールするラウンド部は、25mm厚積層構造板を特殊な曲げ一体加工により成形し、さらに3mm厚厚積層構造板をラミネートすることで剛性を高め、3基のウーハーの強大な内部音圧を受止め、音を濁らせる原因の定在波をも減衰させます。
    表面は天然ウォルナット・ツキ板の木目を生かした、ハイ・グロス塗装仕上げ。底部には真鍮削出し、クロムメッキ処理のの大形フットを装備しています。

    Round shape enclosure to control directivity

    The round part applied to the back side of the enclosure control the directivity.
    It is fabricated by 25mm board with special bending process and then, rigidity is increased by laminating additional 3mm thickness board, this way, the mighty internal sound pressure created by 3 woofers is caught and the standing wave which makes sound muddy is also attenuated.
    For the surface finish, we used a natural walnut veneer having thegood grainof theboard and the high grosspaint finish.
    At the bottom of the enclosure, thelarge-sized chromed platingfoot is equipped.

    360°の水平指向性を実現するオムニ・リフレクション・ホーン

    エンクロージャー上部に配置されたオムニ・リフレクション・ホーンは、積層構造板から削りだされた上下4種類の形状からなり、それぞれアルミ製のサポートバーにより正確に位置決めを行うことで安定した音場感を実現します。

    The Omni reflection guide set up at the enclosure top, which were planed from a lamination structure board consists of four kinds on upper and lower sides and creates the feeling of an acoustic field stabilized by positioning correctly with the support bar made from aluminum.